ダイヤモンドを手放すなら査定はプロに頼もう

ダイヤモンドを手放すなら査定はプロに頼もう

電卓とお金

ダイヤモンドはだんだんと変色していく

ダイヤモンドは、紫外線に強く変色しにくいと言われています。ですが、全く色が変わらないわけではないんです。ダイヤモンドは空気中にある窒素を結合して黄色くなっていきます。最初は透明なダイヤモンドでも長期間空気に触れていると黄色くなっていくんです。査定時に出した鑑定書と実際の色味が違うと査定価格が下がってしまいます。そのため、ダイヤモンドを使ったジュエリーを使う機会が無くなったらすぐに売っちゃいましょう。

ダイヤ

実は沢山の種類がある

無色透明のイメージが強いダイヤモンドですが、実は沢山の色の種類があります。その中でも認知度の高いピンクダイヤモンドは、結婚指輪や婚約指輪に良く使われています。また最近では、本来は透明なダイヤに色を浸透させることも多いようですよ。

電卓を持つ人

買取価格を上げるコツを大公開!

ダイヤモンドをなるべく高く売りたいなら、専門店の営業状況を確認しましょう。近くに競合店が沢山ある業者は、自社の成績を上げるためにサービスの質を上げたり買取価格が高かったりします。そういったところを利用することで、査定価格を引き上げることができますよ。

ダイヤモンド

ジュエリーを売るなら専門店にお任せ!

ジュエリーの売却を検討しているなら、専門店の利用が最適です。知識と査定経験が豊富なスタッフが親身に対応してくれるので、安心して利用できますよ。また、沢山の種類を使ったアイテムを売るときでも、全部の宝石の査定をしてくれるので、より高くアイテムを買い取ってくれますよ。

買取件数の多い宝石を紹介!

ダイヤ
no.1

ダイヤモンド

宝石の中でも不動の人気を誇るのがダイヤモンドです。傷つきにくく変色にも強いため、結婚指輪などに使われることが多いです。また、希少価値が高いためお金が必要な状況で売る人が多いのが特徴です。

no.2

エメラルド

自然発色で色鮮やかな色味が特徴なエメラルドは、リングやペンダントトップに使われる事が多い宝石です。硬度が低くもろいので、キズが付きやすいという難点があります。ですが、長期間使用していても色味が色褪せることが無いので購入から大分経って新しいアイテムの購入を検討している人が売る傾向があります。

no.3

ルビー

ルビーは、発色豊かな赤い色が特徴的な宝石です。産地によって色味が大きく異なります。そのため、売却時に証明書があることで金額が大きく変動することが多いようです。

no.4

サファイア

サファイアと聞くと、透き通るような青色を連想させますが、実は沢山の色が存在します。色味によっては、青いサファイアよりも高い値が付くケースがあります。また、人口石と天然石との区別が付きにくい特徴があり、証明書が無いと値段がグッと落ちてしまう可能性があるようです。

no.5

ヒスイ

宝石としてよりもパワーストーンとしての評価が高いヒスイは、昔は不老不死の象徴として愛されていたようです。そんなヒスイは日本の国石でもあり、全国各地で採掘できる宝石です。ヒスイは主に「ネフライト」と「ジェイダイト」の2種類があります。ジェイダイトの方が宝石的価値が高いので、売却前に確認しておきましょう。

広告募集中